ビジネスをするかしないか

ビジネス講義を終えたら

もしあなたがビジネス講義を聞きに行き、話の内容がわからないまま、ビジネスをやろうかどうかについて迷っているのであれば、まだビジネス興行を興さない方がいいでしょう。
何故ならば、ビジネスの知識が把握できていないまま興行をすると必ず痛い目にあうと思われます。
例えば、利益や出費の関係で自分の儲けが全然ないと気づかなかったり、どのように人心を掌握すればいいのかわからなくてお客様に販売をすることができなくなったりすることもあります。
まずビジネス講座は一回聞いただけで全てがわかるわけではありません。
彼らはその道のプロなので、そのプロだけが使っている専門用語などが飛び交うのは常識です。
なので、その専門用語を少しでも把握してから知識を蓄えましょう。

もし難しそうだと思ったら

あなたがビジネスをして見たいがために講座を聞きに行ったとしても、話の内容が難しくて、頓挫をしようと思っているのであればそれでも構いません。
または、あまりリスクがないが収益は少ないビジネス興行に手を出してみるのもいいかもしれません。
習うより慣れという方法で実体験を身についてからビジネス講義を聞きに行くと、実体験の経験により話の内容がすぐに理解しやすくなることもあります。
ですので頓挫する前にローリスクでのビジネスの営業を始めながら、講座を聞きに行き、そこから事業拡大するための知識を学びビジネス成功を収めようとする方法もいいかもしれません。
このようなやり方でもいいですし、難しそうだと思ったらば頓挫するということでも構いません。
全ての選択権はあなた次第なのです。